東京復活大聖堂(ニコライ堂)

外観

内観

所在地・問合せ
住所
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台4-1-3
所在地マップ
TEL/FAX
03-3295-6879
管轄
首司祭 イウスチン 山口 義人
長司祭 サワ 大浪 佑二
長司祭 ロマン 大川 満
司祭 イオアン 小野 貞治
司祭 パワェル 松井 貢治
司祭 クリメント 北原 史門
司祭 フェオドシイ 市村 直巳
司祭 パワェル 中西 裕一
E-mail
ocj.tokyo@gmail.com
祈祷案内
お祈り(晩祷・聖体礼儀)
・主日徹夜祷
 土曜日午後6時
・主日聖体礼儀
 日曜日午前10時
・祭日徹夜祷
 主日午後5時/平日午後6時
・祭日聖体礼儀
 平日午前8時
・朝のお祈り
 午前7時半
・夕のお祈り
 午後5時
伝道会
・火水金 18:30-20:30
・木    19:00-21:00
日曜学校
毎週日曜日 10時
聖堂拝観
午後1時〜3時半(10月〜3月)
午後1時〜4時 (4月〜9月)

1992年には日本教会の本山である東京復活大聖堂の修復がフエオドシイ府主教の指導のもとに開始された。ニコライ堂の愛称で親しまれている東京復活大聖堂は、国の重要文化財である。日本の重要文化財のほとんどが木造で、石造の重要文化財のうちでは東京復活大聖堂が一番古く、これからはじまる石造の文化財の修復の最初となった。
修復がはじまるまえの準備の期間を入れるとおよそ9年が費やされて、輝けるばかりの姿となった。修復によって見違えるようになった部分は、たくさんある。
まずは大聖堂の本堂と鐘楼のうえに輝く十字架があげられる。聖堂のなかのシャンデリヤは、明治時代のものの複製で今回新調された。聖堂の奥にあるイコノスタスには、金と白金箔がはられた。
大聖堂の一番奥の壁には、印の生神女と天使長の三つの聖像があらたに掲げられた。聖像画師は、フエオドシイ府主教による厳選の結果に指名された、至聖三者修道院にあるモスクワ神学大学聖像学科のヴアレンチナ、グラゾフスカヤ姉である。

ページ上部へ戻る