上武佐ハリストス正教会・生神女就寝聖堂

外観

所在地
住所
〒086-1271
北海道標津郡中標津町字武佐南9線西1番地
所在地マップ
TEL
0153-74-2169
管轄
司祭 ステファン 内田圭一
問合せ
住所
〒085-0832
北海道釧路市富士見2-1-35
釧路ハリストス正教会
TEL/FAX
0154-41-6857
管轄
司祭 ステファン 内田圭一
祈祷案内
お祈り(晩祷・聖体礼儀)

・前晩祷

第2土曜日 午後6時

・聖体礼儀

第2日曜日 午前10時

純酪農地帯に忽然と見える、いかにも北海道の風情がある教会。周囲の立派なとど松が風雪に耐えた教会の歴史を物語る。現会堂は1978年(昭和53)建立。山下りんの12大祭の聖像がある。

教会の沿革

伊藤繁喜は屯田兵として入植し、根室教会パウェル小川文治の勤務する薫別のふ化場で1897年(明治30)10月イグナティ加藤神父より受洗し標津教会を組織した。1916年(大正5)上武佐 駅逓の取扱人としてフィリップ伊藤はそこで布教し教会が誕生した。会堂は1919年(大正8)12月に標津原野武佐教会として建立、1951年(昭和26) に2代目が建立され、現会堂は1978年(昭和53)9月に成聖された。根室教会衰退後、現上武佐教会は根室および北方領土に深い関係を持った教会。イリナ山下リん作の12大祭イコンがある。

ページ上部へ戻る